顕示先生

目的地は花巻市博物館

同じ敷地内にある宮沢賢治の童話村も一緒に見学する

2013_1104_134052-P1280055

通路の壁画 賢治のイメージかな

2013_1104_134135-P1280058

門をくぐり抜けると点在する建造物が目に飛びこんでくる

2013_1104_134255-P1280060

『賢治の野草園』に続く小道

2013_1104_134514-P1280063

岩手を代表する作家宮沢賢治の

2013_1104_134534-P1280064

テーマパークか

2013_1104_134559-P1280065

これが賢治の世界・・・

2013_1104_135959-P1280078

丘の上に建つ何棟ものログハウス

2013_1104_140010-P1280079

2013_1104_135844-P1280076

星の棟

2013_1104_135812-P1280075

森の動物たちの棟

2013_1104_140103-P1280080

その他いろいろ

それにしても

まったくワクワクしないのはなぜだろう

2013_1104_135212-P1280068

賢治の詩にでてくる獅子踊りからも太鼓の音が聞こえてこない

2013_1104_150240-P1280083

広大な自然と整備された中庭

2013_1104_150336-P1280086

だがどこか居心地が悪い

想像力が働かない

2013_1104_150315-P1280085

もっと素朴でやぼったい

それが私の抱く賢治の世界

目に見えるものとは別の世界だ

例えば

父が読みあげる岩手訛の賢治の詩 耳から

栗拾いでイガの上に尻もちを着き泣きわめいた山の斜面 身体から

自転車の前座席に乗って父と何度も通った古本屋で

表紙の取れた古い絵本を買ってもらい胸に抱いて帰った時のワクワク感

父の布団にもぐり込み思いつきの話をせがむ時のムズムズ感 心の奥底から

賢治の生き方そして作品の数々をこよなく愛した父は普段の生活の中で

私に空想と想像の世界を伝授してくれていたのに違いない

博物館の催し物は宮沢賢治没後80年記念

「藤城清治光のファンタジー」

連休中で人が多くまた展示作品の数に対して展示会場が狭いこともあり

素晴らしい作品の数々を堪能するまでに至らなかったことが残念でならない

母は氏の作品が好きだった

本の中の一ページに小人達の影絵そして母の歌声がそこに重なり合う

♪森の木陰でドンジャラホイ シャンシャン手拍子足拍子 

太鼓叩いて笛吹いて 今夜は楽しい夢の国

 小人さんが揃ってにぎやかに あ ホーイホーイのドンジャラホイ♪

2013_1105_085913-P1280099

記憶は褪せることなくモクモクワクワクとかたちを変えながら人の心の中で生き続ける

見えないものにこそ真実がある

 帰り道の空がこの日の大いなる気付きを物語っているような気がした

2013_1104_152429-P1280090

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中