SAY! NO!

住民調査にやってきた地域管轄交番のおまわりさんに

「何かお困りのことはありませんか」と聞かれて

「ん・・・特にありません」

と言葉を濁す

この場合の回答として明らかに不適当であるから

しかしながら

特定秘密保護法案

本当に衆院を通過してしまうのだろうか

背筋が寒い

これらの記事に真実と希望を見る思いがする

2013_1121_115753-P1280282   2013_1125_083305-P1280327

おまわりさん

あの時もしも私がそのことに触れていたとしたら

調査票に赤ペンでチェックを入れたのでしょうか

要注意人物とかなんとか

要注意とはまさに今の政権のことではないのか

元新聞記者の娘・妻でありまた一人の表現者としてこの法案に断固反対します

 

<追記> 午後12時20分

記事にしたその日に衆院委可決だなんて・・・

何もしたくない気分

散点位置位置

辞書検索で『風化する』という意味を改めて調べてみた

[1]地表あるいは岩石が、気温・氷雪・空気・水などの物理的・化学的作用によって、次第に破壊されていくこと。また、その過程。

[2]「風解(ふうかい)」に同じ。

[3]ある出来事の生々しい記憶や印象が年月を経るに従い次第に薄れていくこと。

戦争体験が―する

♦  ♦  ♦

3月11日のメディア各局の放送を見ていて何度も耳にしたこの

風化

という言葉に違和感と不快感を覚えた

『戦争を風化させてはならない』という言葉には強い説得力がある

しかしたった二年前に起きた東日本大震災にもやは風化などと・・・

実際あれほど壮絶な経験をした人たちにとって

その記憶が風化することが果たしてあるのだろうか

♦  ♦  ♦

NHKの震災風化に関するアンケート結果が示されていた

被災者とそれ以外の人別々に取りまとめたものだ

両方とも60%近くの人が風化を感じているというものだった

しかしだからといってこの数字が果たして同じ意味を示す数字なのかと疑念が湧いた

被災者側は現在さらされている現状と社会の流れのギャップを感じての60%

もう一方は実際身に迫らぬ被災という出来事に関して自分自身の関心度に対する60%

60%の持つ意味は決して同じではないはず

そこには大きな差があると思うのだが焦点が当たることはなかった

♦  ♦  ♦

オリンピック誘致合戦が白熱しだした

IOCの調査団に好印象を与えようと練りに練った台本がくまなく終了したようだ

調査団のキーマンと言われる人物が東京の街頭で道行く人々にインタビューしていた

被災国日本がオリンピックを開催することにについてどう思うのかと

「今の日本を活性化するためにも大歓迎です」

「景気の回復のためにも是非誘致してもらいたい」

そんな回答ばかりが聞かれた・・・のか編集の操作かは知らないが

オリンピック誘致のためそして開催するための予算は別腹とでもいうのだろうか

日本人の声は東京だけに非ず

今もっとも知るべきは被災した人達の生の声ではないのか

かく言う私も堂々とそのような批判ができる立場かといえばはなはだ自信がないのだが

これだけは言える

真っ向からオりんピック誘致に反対するマスメディアはないのかと

国を挙げての本末転倒なこのお祭り騒ぎを阻止しようとする報道関係者はいないのかと

いやきっといると信じたい

私の認識不足と信じたい

♦  ♦  ♦

仕事で岩手県沿岸の山田町に行ったK君の制服の胸に

こんなバッジが止めてあった

2013_0313_131950-P1220477

仮設のコミュニティーセンターに集ったお年寄りの方々の手作りだという

被災者の方々に今必要なのは日常のほんの当たり前の会話や交流なのだ

そして一日も早い自宅での生活そして安定した職を得ることなのだ

華々しい行事などもはや意識下にあるはずもない

♦  ♦  ♦

もっともらしいテレビ番組を途中で消し毛布をかぶり泣いた

一致団結 一丸となって

普段から大嫌いなこの言葉がますます紛いものに感じた

私の3.11

煤み行く地球

中国の大気汚染が日本にも影響を及ぼし始めている

泥沼化する尖閣諸島問題 更に北朝鮮の核実験の脅威

一歩また一歩破滅に向かう地球は絵空事ではない

太陽が雲隠れした北京の街

96958A9C93819696E2E4E29CE38DE2E5E2E0E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO5151299008022013000001-PB1-13

未だ排ガス規制は緩いまま

偏った都市化のつけは大きい

96958A9C93819696E2E4E29CE38DE2E5E2E0E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO5151301008022013000001-PB1-13

それにしても心配なのは

北京に滞在中のさん

煤だらけの仙人なんて絵になりませんよ

蝦蟇・鉄拐仙人図_曾我蕭白

返回在!!

 

<追記>

ついにやってしまった 北朝鮮  16:00

あべぇ!

安部新政権が連日華々しく報道されている

確かに今までの滞りが解消されつつあるのか日経平均は登り調子株高も堅調だ

ただこのアベノミクスの上昇気流がいったいいつまで持続するのか

政治に疎い私でも不信は拭いきれない

また大臣就任前の憲法9条改正・自衛隊を国防軍に改名発言は

景気の成り行きとは別に不気味そのものだ

2013_0116_112110-P1200388

毎日新聞に鳥越俊太郎氏の手記が四回に渡って掲載された

その中でもっとも印象に残った部分がこれだ

2013_0116_110736-P1200386

新聞記者であった夫が生前語っていたことと重なり何度も読み返した

氏と同じくガンを宣告された夫にもせめて自らの想いを綴る時間の余裕があったなら・・・

そんな感慨が駆け巡った

半年前に購入した株が想像以上に上がった

にんまり笑っている場合じゃない引き際を見定めよ

と自分に喝を入れる

<おことわり>

題字の『あべぇ!』とは岩手の方言で『さあ行こう!』という意味です