山のゆりかご

今年の10月31日 

ウスタビガのお姫様と感動の出会いは

私の蛾に対する固定観念を一気に覆した

2013_1029_102319-P1270793

そして数日前ポテ山のTさんが持ってきてくれた

ウスタビガの抜け殻 

2013_1204_104253-P1280407

すぐさまネットで検索

おぉ~~

まだ旅立つ前のさなぎがこんなにうつくしい色をしているなんて知らなかった

img_1250

『Tさんウスタビガのこと知っていたんだ!』

『私が知らぬことなどあるわけなかろう』

仙人の博学とやさしさに

おら かんどうすたびが~~

夢喰人

足元の秋色の先は

2013_1030_124419-P1270805

今年7月以来のポテ山です

2013_1030_124429-P1270806

Tさんが何やら新しいことに挑戦していると聞いたからには見ずにいられようか

この日は丁度ハロウィンということもあり

畑で採れたおもちゃかぼちゃがテーブルの上に

この山の常連の子供達の作品です

2013_1030_124646-P1270808

Tさんはいったいどこにいるかな

はてこれは何の途中経過なのか・・・

2013_1030_124749-P1270811

あ 作業小屋から機械音

2013_1030_125125-P1270812

いました Tさん 木工作業中

これは電動やすりで

2013_1030_125208-P1270814

こっちは電動カンナ

2013_1030_125339-P1270818

どこに何があるのかひと目でわかる工具や材料の配置は

もはやオブジェといっても過言ではない

2013_1030_125255-P1270817

すべてが整然とそしてあるべき場所に収まっている

2013_1030_125402-P1270819

小屋の前には散策に訪れている夫人達が摘んだ秋の草花が並ぶ

2013_1030_125505-P1270820

自慢の写真を飾る人あり

2013_1030_125518-P1270821

ハイジの小屋にはでっかいドリームキャッチャー

Tさん今度は子供達とこれよりもっと大きいものを作る予定だとか

2013_1030_125959-P1270824

そして今回の目玉はシーグラス

これはほんの一部

Tさん集め出したらきりがないのは私と同じです

2013_1030_131400-P1270830

穴を開けたシーグラスと各種木製ビーズとを組み合わせてペンダントにする

木工だけではなくアクセサリーまで手掛けるなんてさすが工業デザイナー!

私も二種類選びました

好きなのを持っていってと言われましたが出来上がりをお願いしました

2013_1030_131354-P1270829

もちろん代金支払います 急ぎませんのでよろしくお願いします

♬ sea sea sea そのうちきっと会えるよ ♬

ポテ山も秋深し

2013_1030_131937-P1270834

薪ストーブが似合う季節になりました

2013_1030_133347-P1270837

はい忘れません帰りの石焼き芋

2013_1030_133357-P1270838

黒胡桃と食用ホオズキ

2013_1030_130655-P1270828 2013_1030_131825-P1270832

ピーナッツのレイと折り紙のジャコランタン

2013_1030_132258-P1270836 2013_1030_133422-P1270839

今回も珍品逸品楽しませていただきました

なんといっても百円ショップ資料コーナーはすごかった

Tさん いったいいつ寝ているのでしょう

2013_1030_131721-P1270831

仙人にはやぼな質問でしょうか

Tさん いったい何を食べて生きているのでしょう

たぶん 夢だね たぶん

夜

パックン著

日々進化し続けるポテ山

そこには

極めて自然なものと

2013_0719_165542-P1250393

2013_0719_165741-P1250402

2013_0719_165525-P1250391

2013_0719_170316-P1250413

2013_0719_165226-P1250384

2013_0719_170252-P1250411

2013_0719_165843-P1250406

極めて人為的なものとが

2013_0719_164525-P1250374

2013_0719_164608-P1250376

2013_0719_164554-P1250375

2013_0719_164625-P1250377

2013_0719_170132-P1250409

2013_0719_163416-P1250361

2013_0719_164811-P1250378

ミスマッチ いや ミソマッチ

かたつむり

大切なものをつい置き忘れてしまうほど

2013_0719_163523-P1250365

心惹かれる

2013_0719_163504-P1250364

じゃじゃじゃの世界

Collage100

ばったり

誘われたのは確かに

ひまわりの黄色

2013_0719_163055-P1250355

ただ

偶然そこに居合わせた君が

2013_0719_163024-P1250352

それ以上に魅力的なものだから

黄色はひとまずお預け

2013_0719_163125-P1250358

目と目が合った!

なんて

はしゃぐ私を

もしかして

2013_0719_170355-P1250416

笑っている?

2013_0719_170355-P1250416

<7月19日 ポテ山にて>

サックラチョイハヤッセ!

ポテ山の山桜見物へ

2013_0515_113146-P1240037

数年前あの桃の木の下で手打ちそば食べたっけ

2013_0515_113214-P1240038

おぉ~~ カメラに収まりきれない

お見事!

2013_0515_113534-P1240043

ハイジの小屋と道具小屋が小さく見える

2013_0515_113752-P1240048

伸び伸びと広がる薄桃色に見とれていると仙人現る

山を知り尽くした案内人と共に散策

2013_0515_114037-P1240053

エンレイソウ

エンレイソウ

スミレの名はスノープリンセス  と ボケ(あえて別名放春花)

2013_0515_113452-P1240041  2013_0515_113517-P1240042

前回はまだつぼみだった貝母(バイモ)

その可憐な姿に 始めまして

thumb2   2013_0515_113736-P1240046

かすかに紅を帯びた梅の名は「おもいのまま」 

咲き分けと言うのだそうです

2013_0515_113950-P1240051

頂上付近には大寒桜

2013_0515_114154-P1240056

こちらは匂い桜

緑茶!私の鼻が申しておりました

2013_0515_120025-P1240089

この道の両側は今山吹が満開

2013_0515_114350-P1240059

入り乱れて咲くその姿は自然の美そのもの

2013_0515_114514-P1240061

ふわふわの腐葉土から顔を出す日本サクラソウの鮮やかな色

2013_0515_120434-P1240094

ムスカリと雑草?のコラボ

2013_0515_120421-P1240093

ことさら私の目を奪ったのは「斑入り源氏スミレ」

今度ひと株分けてください

源氏スミレ

第一印象はコップ用ブラシ・・・と言ったら失礼かな 

たわむ八重咲き水仙

2013_0515_120458-P1240096

ひらめき

さてここからはテーマパークポテ山ならではのものををいくつか紹介します

キツツキの一点集中 嘴だけでこの穴とは偉業だ

仙人はこれを改造して楽器にする・・・とは聞いていない

2013_0515_113616-P1240044

前回取り忘れたシーソー

ただ今二本の木が懸垂の真っ最中

2013_0515_114110-P1240054

その横には椅子と机

「転がさないで怪我をします」そんな注意書きがあります

2013_0515_114128-P1240055

ヤヤッ これは!あこがれのチェンソー

その存在自体がすでにワイルドだね

2013_0515_115200-P1240070

これで何をしているのかというと

杉の廃材を利用した椅子を創作している

2013_0515_115310-P1240071

それもなんとウサギ!

遊び心満点じゃないか

2013_0515_115325-P1240072  2013_0515_115338-P1240073  2013_0515_115346-P1240074

どうかひとつひとつください

うさぎ

まだあるんだな

このゴンドラは何のためかな

2013_0515_115623-P1240076

さっそく仙人が実演

2013_0515_115632-P1240077

山の頂上で切り出した薪をカゴに乗せる

2013_0515_115647-P1240078

それを下の薪小屋に向ってスルスルと下ろしていく

2013_0515_115657-P1240079

御無事で~~

2013_0515_115700-P1240080

この日手伝いに来ていたうめちゃんがキャッチ

お見事GOOD

2013_0515_115731-P1240083

これを人力で運んだらエネルギー使い果たすよね

そしてもっとも印象的だったのがこのクルミの木(オニグルミ)

2013_0515_115101-P1240067

枝の途中にほら!顔!羊のようにも山羊のようにも見える

2013_0515_115808-P1240084

これは葉痕といって葉の柄が枝に付いていた部分なそうです

おもしろいな ひとつとして同じ顔がない

2013_0515_115848-P1240086

木の種類によってその顔も多種多様

興味がある方はこちらをご覧ください

http://www.jugemusha.com/jumoku-n-ZATkao.htm

ポテ山の不思議は尽きない

仙人の夢の開拓はこの先まだまだ続く

2013_0515_120059-P1240090

一度この自然のやさしさを味わってみませんか

ラム肉で

2013_0515_115848-P1240086

バーベキューなどいかが?

2013_0515_120351-P1240092

仙人から伝授された山の知識を心にたくさん詰め込んで

てくてくと山を下りる

最高のひとときをありがとう

カメ

追記

題字は盛岡夏祭りさんさの掛け声で正式には「サッコラチョイノヤッセ」となります

ポテ山路

朝からひどい耳鳴りがした

小さなことがやけに気になった

失くしたものを思い涙が止まらなかった

映画に行く予定を諦めた

しおれたバラ

こんな時はあの場所に限る

いざ!!

2013_0423_131102-P1230265

看板下のミニ水仙がもうこんなにたくさん咲いている

冬以来ご無沙汰のポテ山は

2013_0423_131122-P1230266

あっちもこっちも

2013_0423_131000-P1230262

春の気配

2013_0423_131042-P1230264

ハイジの小屋が見えてきた

仙人!sakauta来ました!

2013_0423_131020-P1230263

かざぐるまのお出迎え

2013_0423_131312-P1230272

高速パワーありがとう!

2013_0423_131255-P1230270

昼食中の仙人の横で撮影開始

ここから異次元空間へ突入

飛行機

アメリカンロックに合わせて踊る愉快なネコ君

2013_0423_131811-P1230277

静止画でも伝わるといいな

2013_0423_131829-P1230279

見ているだけでhappyになれたよ

2013_0423_131838-P1230280

食事が終わった仙人が新アイテムをおもむろに披露

ただの道具掛けではないぞよ

2013_0423_132015-P1230283

開く!収納力抜群じゃないか!

2013_0423_132035-P1230284

それだけではない

本体と扉の縁に取り付けられた縦長のマグネットでぴったり閉まる

2013_0423_132130-P1230287  2013_0423_132123-P1230286

こちらは廃材の木材を燻した花瓶用オブジェ

2013_0423_132244-P1230288

隣の道具小屋の軒下には仙人が中国から買ってきたスマイル時計

2013_0423_134322-P1230292

天然木の物干し

カエルのピンチがキュート!

2013_0423_134602-P1230296

もうすでに癒し効果充分

とおもいきやここからがポテ山の醍醐味炸裂

いつの間に・・・サッカー場

2013_0423_134706-P1230297

向き合うゴールネット

2013_0423_134738-P1230298

本格的じゃないか!

2013_0423_134800-P1230299

おぉ~~!!これは

2013_0423_134840-P1230300

木陰のハンモッグ!

2013_0423_135218-P1230309

どれどれ

ワ~~楽ちん

長靴が余計だけど

2013_0423_135012-P1230303

ここで読書したら・・・眠くなりそう

アララ 仙人揺らさないいでよ!

2013_0423_135028-P1230304

こういう仕掛けで固定されているんだね

2013_0423_135118-P1230305

大木のえだから吊るされたターザンロープとつかまり立ちブランコ

2013_0423_135150-P1230307

ポテ山のテーマパークは訪れるたびに楽しさ倍増だ

足元のすぐ近くにはほだ木からシイタケがポツポツ

2013_0423_135259-P1230310

去年私も一本頂いて何個か収穫したけれど庭では長続きしなかった

自然環境抜群の山では放っておいても自然に再生するんだね

シイタケブローチは雪の結晶模様だ

2013_0423_135351-P1230313

「この穴は何だかわかる?」

「白アリのしわざ?」

「キツツキが虫を食べた跡だよ」

木屑があたりに散らばっている

なるほどキツツキのテリトリーは立木だけではないんだ

2013_0423_135319-P1230311

そして頂上付近から眺める岩手山

2013_0423_140436-P1230321

今年は寒さが長引いてまだ雪が相当残っている

鷲も見えているね

2013_0423_140626-P1230323

仙人提案の一枚

『たらの芽と岩手山』

う~~ん おもしろいけどなんか・・・いまいち

2013_0423_140855-P1230329

この日 山の主に教えてもらったたくさんの植物をここでまとめて紹介しよう

ハナワサビ

2013_0423_135630-P1230315

キブシ

2013_0423_141206-P1230336

シュンラン

2013_0423_141549-P1230341

ユキワリソウ

ユキワリソウ

オモト

オモト

貝母(バイモ)

バイモ(貝母)

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ

ひとり歩きでは見逃してしまいそうなものばかり

そして雪の重みに耐え傾いても尚花を咲かせた

十月桜

十月桜

その可憐で

2013_0423_143527-P1230361

ひたむきな姿に

2013_0423_143610-P1230362

心動かされる

2013_0423_143622-P1230363

見慣れたはずの植物もこの山ならではの存在感を発揮する

2013_0423_140130-P1230320  2013_0423_141002-P1230333  2013_0423_142903-P1230346

2013_0423_145025-P1230373 2013_0423_144813-P1230369 2013_0423_145123-P1230374

私の庭から引っ越したクリスマスローズが居心地良さそうに咲いていた

2013_0423_135653-P1230316

そして仙人の専門分野である多肉植物

山の各所に何百種類ものポット苗が待機していて

2013_0423_141303-P1230337

すでに地植えが完了して冬を越したものがこちら

2013_0423_142933-P1230348

2013_0423_143203-P1230351 2013_0423_143222-P1230352 2013_0423_143232-P1230353

ひとつひとつ名前のタグが付いている

2013_0423_143246-P1230354 2013_0423_143307-P1230356 2013_0423_143258-P1230355

反対側から見る 瓦は足場のためなんだ

2013_0423_143355-P1230358

こちらも地植え待ちのもの

2013_0423_145306-P1230375

素人には同じに見えてもそれぞれみんな名前が違うのだから驚き

私には南国の野菜市場にも見える ドリアンがどこかに混じっていそう

2013_0423_145324-P1230376  2013_0423_145340-P1230377

仙人の自宅の庭の多肉植物ロックガーデン

まるで海底の珊瑚の群生のようだ

2013_0423_150415-P1230380

宇宙をも感じさせるこの一角

素晴らしい!

2013_0423_150431-P1230381

そしていただいた三種類の多肉植物の植え替えをしているうちに

2013_0423_165425-P1230388

縮こまった私の心がいつしか解放されていた

仙人の心の広さと果てることのない夢が私に力をくれたのに違いない

バラ

最後にこの日の極めつけを紹介して締めくくろう

このかわいらしいまん丸の正体は

2013_0423_140753-P1230326

冬にポテ山を駆け回ったウサギの排泄物です

歓喜の大発見

自然はなんて素晴らしいんだ

2013_0423_140836-P1230328

ミラクルワールドポテ山と

その知識と自然の醍醐味を万人に分け与えてくれる仙人に心から感謝します

ありがとう!

2013_0423_131635-P1230275