変性風

話題の映画を観た

2013_0807_131212-P1250802

少年時代から飛行機に興味とあこがれを抱いた青年(堀越二郎)の物語

その希有な才能と殺伐とした時代背景が切なさを誘った

儚くも純粋な恋物語は原作者堀辰夫氏自信の私生活に基づくものであるらしい

けなげな女性像と自分とのギャップを痛感させられたこともあり

ひとつ椅子を隔てて座っていた二人の若い男性が大泣きしていたことが印象的だった

もしや映画の主人公と実物の間にもギャップがあるのでは・・・と

家に帰ってからさっそく調べてみる

Jiro_Horikoshi  image

あれ 結構近い

大分前

『あなたと一緒に映画を観ているとストーリーに没頭できない』

夫にそう言われたことがある

なるほど

ごもっとも

映画

私のワンダフルデイ

気温の変動に体が順応できず体調がイマイチ

やっと18度に到達したかと思うと次の日は10度

北部では雪も降ったと聞いている

ぶり返しの寒さは冬本番のそれよりも堪えるものだ

急な手足の冷えに耐えかねてとうとう湯たんぽを使うことに

2013_0505_155912-P1230775

それも日中

椅子に座り足を乗せて毛布をかければそこは特等席

2013_0505_160105-P1230780

その場所で約二時間観た映画は

『ぼくらのワンダフルデイ』

2013_0507_091540-P1230859

Zホール・・・とてもとてもなつかしかった!

2013_0507_091827-P1230866  2013_0507_091934-P1230873

心も温まったよ

LOVE

ポカポカの春よ来い!


♪2008年ナイスミドル音楽祭仙台ZホールにてJちゃんと♪

piano.vocal さかがみうた  guitar さつたじゅん

MISERARETE・24601

『お勧めの映画よ!』

Yukoさんのコメントに確信を得て予定より大分遅くなったけれど

観た

LES MISERABLES

息を飲む二時間半

その圧倒的な表現力

エンターテイナーの本随を目の当たりにした思いがした

映画

中学の英語の教科書で初めて知ったそのストーリー

ページの挿絵は今も記憶に残っている

そのジャン・バルジャンのイメージに比べるとかなりスリムな感

でも考えてみたらあの境遇で太っていたらおかしいよな・・・

Bravo!! Hugh Jackman !

135676129481313128606

特に

天に召される直前のあの目の充血が忘れられない!

そしてジャヴェール警部役の

img_944766_30998090_3

Russell Crowe はロックバンドのリードシンガーだったんだ!

納得上矢印

岩手者語る

先週映写機の不具合で出鼻をくじかれた映画

山田洋次監督の「東京家族」

今回は問題なくじっくりと鑑賞した

小津安次郎監督の「東京物語」を観たのは二十年ほど前だったろうか

老年期に差しかかった夫婦そして故郷を離れ東京で暮らす三人の子供たち

親と子それぞれの立場と心情が淡々と描きだされていく

時代背景は違えど根底に流れるものは変わらない

前回は子の立場でそして今回は親の立場で観ている自分にハッとする

そして突然訪れる老母の死はつい最近の自身の経験と重なり涙した

その夜悪夢にうなされた

ベッドの上で母がもんどりうって苦しんでいる

なのに私はそれをじっと見ているだけで何もできない

目は覚めても夢と現実の区別がつかないまま声を上げて泣いた

次の日は朝から快晴

ベッドから起き上がると同時に決断する

早々に家事を済ませ目的地へ

途中の信号待ちで確信

「やった!これならバッチリ!」

2013_0201_111857-P1210331

小岩井の平野に雲ひとつない青空が広がる

2013_0201_114351-P1210334

会いたかったのはもちろん

岩手山

2013_0201_114725-P1210341

その雄姿を目にしただけで心が穏やかになる

2013_0201_114823-P1210342

きりりとした空気を胸いっぱいに吸う

2013_0201_120103-P1210371

レンズを取り替えながら何度も何度もシャッターを切る

2013_0201_120155-P1210372

あっちこっち慌ただしく場所を変えながら

岩手山の一人占めに酔いしれる

2013_0201_115230-P1210350

凍えそうな手でカメラを抱きかかえ帰路に着く車の中で

映画

現実

それぞれが私の心の定位置に収まっていく

惨時

3時スタートの映画に狙いを定め意気揚々と出かたら

何!映写機の不具合で見合わせ・・・

こんなことって始めて

一時間無料駐車券を出してもらったものの腑に落ちず

一階のスーパーで

2013_0128_150915-P1200925

買った

その心は

2013_0128_150937-P1200927

帰いろ・・・ 帰いろ・・・

寒い

輪をかけて腑に落ちん

映画感傷

映画館に足を運ぶ回数がめっきり減った

とはいえお気に入りの映画館の上映予定のチェックは忘れていない

今年の6月に観た山田洋次監督の「あなたへ」

大滝秀治の演技が印象的だった

年季の入った漁師の衣装がしっくり馴染んでいた

そして今年の二度目はフランス映画

セリフが多いだけに集中力がいるが

人間の心模様を描くセンスは抜群だ

余韻を引くややぼかし気味の終わり方もなかなかいい

2012_1114_080404-P1190083

母の車いすを押して施設のまわりを時々散歩した

そんな時よく言われた

「もう少し ゆっくり・・・」と

最愛の人をふと思い浮かべながら観た

『最強のふたり』

あなた・ね

数か月ぶりに出かけた映画館

その日はたまたまレディースデイで千円とはまことにラッキー

2012_0906_115652-P1180018

そうそう主人公が季節外れの風鈴を窓辺から外す場面があったけれど

私もそろそろ

たかくらけんせんとな~~

2012_0907_112812-P1180041