信念のご挨拶

ブログをこちらに

http://utashya.hatenadiary.jp/

引っ越しいたしました

yoroyoroyoroyoro号

荷造りに5日もかかってしまったぜ!

広告

応援価

9月の記事で紹介した小綿商店

2013_0910_121908-p1260667_thumb

前回訪れた火曜日は残念ながら定休日

あれから一カ月

月曜日今度こそはと行って参りまいりました

店の左半分は男性用衣料品雑貨コーナー

パンチの効いたディスプレイで古着も一新

キャメルのショルダーいいです

2013_1007_124051-P1270359

そして右半分はパン屋さん

おいしそうなパンが勢ぞろい

2013_1007_124036-P1270358

レジから続くカウンター席では軽食も楽しめます

右角に見えているのは私の財布です

2013_1007_124027-P1270357

今回の目的はパンもさることながらオーナー自ら手造りしたという 

自慢のトイレをカメラに収めること

この奥ですね

2013_1007_123943-P1270356

右に折れるとキュートな手洗い場

2013_1007_123807-P1270352

ここにも細部までこだわりが見えてきます

特に洗面台のタイルには感動しました

2013_1007_123930-P1270355

そしてこのドアを開けると

2013_1007_123821-P1270353

清潔感あふれるトイレが現れます!!

一本の黄色い直線がトイレであることの自己主張だと理解するのは

考え過ぎかナ

2013_1007_123846-P1270354

逆方向からはこんな風に見えます

右奥の小上がりがわかるでしょうか

記録し忘れたことが悔やまれます 

2013_1007_123757-P1270351

メーカー提供のドリンクケースも店の雰囲気にぴったり

2013_1007_124430-P1270360

そしていよいよ微笑ましいオーナー夫妻の登場です 

ジャ~~ン!!

2013_1007_124443-P1270361

この二人の笑顔を見たら絶対応援したくなります

なるでしょう?  ね!

誰にでも親しまれる店をイメージして名付けたという

collage126_thumb

盛岡市上堂ホーマックの筋向いです

よろしく!

ふくろうに見えたシナモンロール

2013_1007_135122-P1270363

 

<お断り>

私は決して親戚または関係者ではございません

感電詩

K医院の待合室で目に留まった写真集

先生が馴染みのカメラ店で発見し安価で手に入れたという

さっそく借りてきたその一冊にことのほか衝撃を受ける

2013_0310_153931-P1220433

大竹省二氏は1920年・大正9年生まれ

13歳から33歳までに撮られた写真が編成され収められている

時代背景は昭和8年から28年(応召時期を除く)

戦前戦後を生きた子供達の表情がモノクロの中に浮かび上がる

ページをめくった瞬間

2013_0310_154001-P1220434

その画像すべてに釘付けになった

2013_0310_154056-P1220435

寝ても覚めてもそれらが頭から離れず連日どっぷりとその世界に浸った

2013_0310_154129-P1220436

その時代だからこそ見えてくる生命の輝き

2013_0310_154221-P1220438

そして暗黒の時代を経て

2013_0310_165940-P1220454

再燃する躍動感

蘇る子供達の笑顔

2013_0310_154304-P1220439

氏のメッセージがぐいぐいと心をえぐる

巻末の一枚 『遥かなる詩』

2013_0310_154344-P1220440

私にはそれが地を貫き空を指す人の手に見えて仕方がないのだ

114枚すべてのページの写真を撮り題名を添えた

更にそれを編集し10分ほどのビデオクリップに仕上げた

自身の宝物として

2013_0310_154514-P1220443

両親が幼い頃語ってくれた戦争当時の話しは私にとって

それはそれは遥か遠く昔の出来事だった

しかし人の一生が瞬く間に過ぎ去るものだということを

夫のそして両親の死を通して思い知らされ

時間の観念が変わりつつある今だからこそ

この写真集の存在の意味を深く感じ取ることができたのだと確信している

連日パソコンの前に座りどおしで向き合ったせいか

頭の中で映像と題名がほぼ一致した

この異常なまでの凝り性はどうしたものか

坐骨神経への影響は当然免れまい

が早くも

K先生の次なる一手に期待感

2013_0310_175634-P1220457

過いらん板

回覧板をふと手にして

何これ!?

大至急という赤い文字にもかかわらず手元にきたのは11日

期日9日はもうとっくに過ぎていた

2013_0212_062937-P1220024

にもかかわらず平然と回ってきたこれはいったい・・・

班長さんまではまだ4軒残すも意味がないので素通りさせて直接返却した

更に不可解なのは

その時間帯家の周辺には除雪車の姿などまったく見かけなかった

シャッシャノシャ!!

ママデスヨ

探しものをしていてふいに頭を直撃したその箱には

次男が中学生の時に使っていたジャズシューズ

2013_0205_103311-P1210771

エネルギッシュに舞台で踊る姿が目に浮かぶ

♪ 現実と夢の世界をいったりきたり ♪

どこか私と似ているところあり

そんな彼が今月の末八か月ぶりに帰省する

いらっしゃい 

素顔のままで

o0479064312343791541 - コピー